理念・指導方針

ごあいさつ

ホームページを見て頂きありがとうございます。 私自身、大手進学塾18年間(集団指導12年、個別指導6年)を経験して参りました。

その中で、一人ひとりのお子様の成績を上げていくためには、決まった教員がそのお子様をじっくり指導できる、「生徒2人に先生1人」の個別指導が最適と実感しました。授業の進捗は、小、中学生においては、学校の授業の先取りを心がけております。

まず、学校の授業が分かることが大切と考えています。それにより、子供の勉強への取り組みも変わってきます。

学力の高いお子様は、3ヶ月~6ヶ月先取りをしていきます。授業では、横にいる教員が生徒とコミニュケーションを取りながら、時期に応じた 「勉強の必要性」「単元の重要性」など伝えていきます。授業は生徒の前にあるホワイトボードを使用して行います。

演習は極力生徒自身で解いてもらいます。わからなければ、少しずつアドバイスをしていきます。できた時には、「自分で解けたね」と声をかけます。 努力することの大切さを伝え、実感し、子供の気持ちを「私はできる」に変えていきます。

「受験・進学・就職」など困難を乗り越えていく子供達の成長を見守りたいと考えています。

指導理念

  • ・目標は志望校合格
  • ・目標は勉強を通じて、自己育成
  1. 1.それぞれのお子様の能力や適性をとらえ、最適な進路や学習内容を提供していきます。
  2. 2.お子様の夢をかなえられるよう、一緒に努力していきます。
  3. 3.お子様の「知的好奇心」を大切にしながら、評価第一の観点にて指導します。
  4. 4.守るべきことは守らせる(例:授業に遅刻しない、宿題は必ずする)
  5. 5.家庭学習の習慣の大切さを気づかせます。